哀しくて、言葉に出来ない

【珍島聯合ニュース】救助された高校教頭自殺 遺書見つかる=韓国旅客船沈没

 修学旅行中の高校生を多数乗せた旅客船が韓国南西部の全羅南道・珍島沖で16日午前に沈没した事故で、引率として同船に乗船していて救助されたソウル郊外安山市の檀園高校の教頭が首をつって死亡しているのが確認された。教頭の財布から便せんに書かれた遺書が見つかった。
 遺書には「200人の生死が分からないのに一人で生きるのはつらい。全ての責任を負わせてほしい。私が修学旅行を進めた。遺体は焼いて沈没した地域にまいてほしい。遺体が見つからない子どもらと共にあの世で先生をしようか」と書かれていた。
 警察は18日午後4時5分ごろ、行方不明者の家族が待機している全羅南道珍島郡の室内体育館近くの木で教頭が首をつって死んでいるのを発見した。
 警察は、教頭の姿が17日午後9時50分から見あたらないとの連絡を18日午前1時ごろに受け、周辺を捜索していた。現場から遺書は発見されていない。
 生徒や他の教員らとともに引率の責任者として修学旅行に参加していた教頭は、旅客船から救助された後、「私だけが救助された」と自らを責めている姿が見られたという。

その心情を思うと、もう涙が止まらない。

「あの世で先生をしようか」
・・・今生でもきっと、素晴らしい教師であったに違いない。


犠牲になられた皆様に、心からご冥福をお祈り申し上げます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック