ウクライナ紛争のターニングポイント




 この犯罪行為の詳細が明らかになるにつれ、露国プーチン大統領の
発言もトーンダウン。

 全く無関係の民間機を撃墜してしまったのは、全く許されざる暴挙だ。

 犠牲になられた方々に、心からの哀悼の意を表するとともに、国際社
会は断固としてこの蛮行を糾弾しなければならない。

 ロシアはこれで、ウクライナ介入からいったん手を引かざるをえない。

 国連安保理の緊急会合で、これから米国オバマ大統領が何を語るか。
CNNとBBCのニュースを、今日はずっと注視している。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック