朝日新聞 慰安婦誤報問題①




朝日が誰を「第三者委員会」のメンバーに選ぶのか?

先ずはこの分野の大権威、最高峰の歴史学者、秦 郁彦氏が
入るか入らないかで凡その見当がつく。
秦先生の入らない委員会なんて、その時点で意味が無い、と
言っても決して過言ではない。

しかし、全ては委員会の報告を待って・・・というのでは遅すぎる。
国益を損ねた朝日は、何をおいても世界に向けて、各国の主要
新聞に謝罪広告を掲載すべきであるし、国連にむけても同様の
報告を成すべきだ。

昔から偏向報道をする朝日には我慢がならなかったが、スーパー
のチラシが朝日にしか入らないので、仕方なく講読している(笑)。
こんなところにも需要と供給の原理原則はしっかり働いていて、
朝日の購読者がいかに多いかを物語っている。

つまり、おバカなわが国民の大多数が、それだけ朝日の偏向報
道を有り難く信奉している訳で・・・情けない。

こんな風に大新聞に乗せられて、過去には愚かな戦争を遂行した
のだから・・・情報は自ら選び、精査する客観性が必要だ。

本当は日経だけでいいんだけど、チラシが入らないし・・・。
読まずに批判も出来ないので・・・購読継続?

朝日にはもう、本当うんざりさせられてばかり。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック