自民圧勝

池上彰さんの選挙速報番組を見ながら・・・。

昨今の政治情勢に、とても不安を感じてしまう。

世界的には両大戦間期の情勢と酷似した状況にあり・・・
民族自決というタブーを持ち出したら第三次世界大戦も起こり得る
し、日本に関していえば、「大政翼賛的」な体制が定着しつつある。

集団的自衛権の問題を、果たして国民はどの程度理解しているだ
ろうか?「知らしむべからず、依らしむべし」は今でも歴として機能し
ている。

アベノミクスは正直に言って古臭い政策だと思うし・・・
いまどき、大企業が潤えば庶民も潤う、等と本気で考えているのか、
甚だ信じがたい。株価が上がったと喜んでいるが、株を買っている
のは外国資本であって、今に日本の企業は日本の企業じゃなくなる
かもしれない。これじゃ韓国なんかと全然変わりない。

社会の中枢には特定の宗教団体が根を張っていて、政教分離は絵
に描いた餅。かの宗教団体は確か、フランス、ドイツ、アメリカあたり
では「カルト指定」されているんですよね?違いました?

「政治とカネ」が取りざたされても、さっさと当確が出る始末。民度が
低い、と言ってしまえばそれまでか。

何と言っても、アベちゃんは筋金入りの御曹司なのだ。
そんな人に、庶民感情は絶対にわからない。

結局、問題は限りなくシンプルだ。
現状に少しでも不満があるなら、「野党第1党に投票」すればいい。
この際、その野党がどんな政党で、どんな政策か、はどうでもいい。
「どうせ誰が政治を担っても五十歩百歩」と思っているなら、どこに
投票したって大差はないはず。
皆がこの法則に従えば、政権は容易に変わり得る。
その混沌の中から、真摯に国民に目を向けた、真の2大政党制が
生まれるのだ。


皆が唯々諾々と、自ら考え、選択することを放棄している。

なんてつまらない国なんだろう?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック