4兆円でも2兆円でも・・・




流石はサウジの王子様。超~~お金持ち!

王子の祖父はサウジアラビアの初代国王アブドゥルアズィーズ・イブン・
サウード、父は王位継承権を放棄したタラール王子、母はモナ・アッ=
スルフ王女(父はレバノンの初代首相リヤード・アッ=スルフ)。第2代国
王サウード・ビン・アブドゥルアズィーズのダラール王女を含め3度の婚
姻歴があるが、現在は独身で子供と3人で暮らしている。

・・・らしい。

ところが、王子の資産は、実際には2兆円だという見方もあって、だとす
ると何やら怪しい話でもある。株と不動産投資で儲けた金だというけれど
・・・どっちでもいいか、別に(笑)。

まあ、誇張した金額であれ何であれ、どうして資産を全部 「寄付」 しなけ
ればならないのか?何を企んでいるのか、その思惑の方が気になる。

本国サウジはイエメン・フーシ派への空爆を続行中。
エジプトでは検事総長が爆弾テロで死亡。
チュニジアのリゾート地では、外国人観光客38人が銃乱射により死亡。
中東全域を巻き込む紛争は、いよいよ激化の一途を辿っている。

サウジ王子は資産を誇張、フォーブス誌が反論

【2013年3月6日 AFP】米誌フォーブス(Forbes)は5日、同誌が4日に発
表した世界の長者番付(2013年版)にサウジアラビアのアルワリード・
ビン・タラール(Alwaleed Bin Talal)王子が異論を唱えていることについ
て、王子は計画的に資産を高く見積もって公表しているとの見解を明ら
かにした。

 同誌がアルワリード王子の資産額を200億ドル(約1兆8400億円)と
算出した一方、王子は実際よりも96億ドル(約8840億円)少なく計算さ
れていると主張。自身の資産額が不当に低く評価されているとして、
今後は同誌の番付作成に協力しない意向を明らかにした。2013年版
での王子の順位は26位だった。

 また、王子が率いる投資会社キングダム・ホールディング(Kingdom
Holding)は番付の発表後に明らかにした声明で、今後はフォーブス誌
の資産評価チームに協力しないと明言。同誌の番付には「意図的な偏
見と矛盾」があり、「中東の投資家に対する偏見」があると訴えていた。

 一方、フォーブス誌側は5日、これに反論する長文記事を掲載。「王
子の資産は、サウジアラビア証券取引所での株価ではなく、キングダム・
ホールディングが行っている投資の潜在的価値に基づいて算出した」と
説明し、「サウジではここ数年間、長者番付の調査時期になると不可解
に株価が急騰する事態が続いており、国の市場価格をつり上げている。
そのため市価は、同社の本質的な価値に全く見合っていない」と主張した。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック