安倍首相談話に“現在形”無し




一読すると、よく練られた文章であって、上手く出来ている(やたら
と読点が入っているのが気になるけれど)。
だが、その実態は、過去の事実の羅列と、未来への空疎な理想
論に終始している。
「そんな事実は今更解説してもらわなくても結構」、「どんなリーダ
ーシップを日本が取れると言うのか?」 と、ツッコミどころ満載の
安倍談話。

そもそも、これは一体、誰に対してのメッセージなのか?日本国内
向け?中韓向け?欧米向け?アッチにもコッチにもいい顔しようと
して、曖昧この上も無い上っ面だけの内容になってしまった。

まあ結局、安倍ちゃんの心の内には現在形の謝罪は無いんだろ
う。私には何も伝わって来ないし、上辺を取り繕った過去形のお詫
びで納得するほど、中韓は甘くない。

こんな中途半端な談話なら、出さない方が良かった。ワイツゼッカ
ー演説と比較するなど、全くおこがましい。
安倍ちゃんは、「これで歴史に名を残した」とご満悦かもしれないが、
村山談話から遥かに後退した感のあるこの談話に、そんな意義は
無い。むしろ、「歴史に悪名を残した」と言えるかもしれない。

それより何より、私が驚いたのは以下の部分。

『植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊
重される世界にしなければならない。』

いや、民族自決って・・・。

そんな事、公言しちゃっていいの?これだから日本人は外交オンチ
だと、また世界中から笑われてしまう。
誰か安倍ちゃんに意見する人が居なかったのかな?信じられない。

でも、もっと酷い談話が出て来るんじゃないかと危惧していたから、
とりあえずホッとした、というところかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック