要するに、韓国の内政問題




これは、表向きは外交問題であるけれど、それより重大なのは韓国内
の政治問題である、という点だ。

実際、このいわゆる「慰安婦問題」をテーマに反日運動をする団体は、
日本政府に対する反発という意味合いを超えて、自国の政府に対する
脅迫的圧力団体化しているのが現状で、この扱いに、韓国政府は長年
苦慮してきた、というのが実態であろう。
日本政府との交渉など、その気になれば簡単な話なのだ。

そうした圧力団体を、韓国政府はどのようにコントロールしていくのか。

表向きは「日本はけしからん」と言いながら、内心では「もう、いい加減
にしたら?」と思っている韓国民が、「合意歓迎」と声を上げられる社会
になるのか否か。

「不可逆的な解決」と表明してしまった以上、これを覆せば、世界の笑い
ものになってしまう。従って、外交的には一応の決着を見た、と言える。

朴大統領(産経新聞の件もあり、最近やっと「政治家になった」のかな?)
のリーダーシップに興味津々である(期待はしないけど)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック