テーマ:ニュース

トルコでクーデター

早朝から、CNN放送に釘づけになっている。 エルドアン大統領の呼びかけに応じて、市民が街頭に繰り出して、 反乱軍への抗議デモを行っている。 反乱軍の首謀者は誰なのか? アンカラを掌握していることから、もしかすると、クルド労働者党 (PKK)関係なのかもしれない。 CNNのトルコ放送局は、反乱軍の影響下で放送を中断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井山裕太棋聖 囲碁界史上初の7冠達成

7大タイトル(棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段) 独占、おめでとうございます! 4月20日、井山裕太棋聖が前人未到の大偉業を達成されまし た。井山棋聖の名は、かの本因坊道策や秀策らと並び称され ると共に、その棋譜は後世に受け継がれる偉大な記録となりま した。 次は世界戦ですね。活躍を大いに期待しております。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

李世ドル(イ・セドル)九段、コンピューターに完敗

気が付けば、2か月半以上、ブログを放置してしまった。 この間、私的には色々あり、悲喜こもごもの日々を送りつつ、現在は 花粉症と坐骨神経痛に耐えながら、どうにかこうにか生きて居る、と いう体たらく。 そんなこんなで、創作の更新を優先したため、ブログの方がお留守に なってしまったが、書きたいことは多々あった。東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

要するに、韓国の内政問題

これは、表向きは外交問題であるけれど、それより重大なのは韓国内 の政治問題である、という点だ。 実際、このいわゆる「慰安婦問題」をテーマに反日運動をする団体は、 日本政府に対する反発という意味合いを超えて、自国の政府に対する 脅迫的圧力団体化しているのが現状で、この扱いに、韓国政府は長年 苦慮してきた、というの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア情勢とパリ同時多発テロ

どうにも不可解である。 アメリカは、「ロシアはイスラム国(IS)ではなく、反アサド政権軍を空爆 している」として、ロシアを非難していたが、もし、これが真実であれば、 ISがロシアを敵視するはずは無い。 ところが、先日のロシア旅客機撃墜により、情勢は一変してしまった。 ISが 「シリアにおけるISを空爆してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコ史上最悪のテロ事件

トルコで起きた自爆テロ。未だ背後関係は不明だが、犠牲になられたトル コの皆さんに心から哀悼の意を表したい。内外の情勢が極めて不穏な中、 信念を貫きデモを行った皆さんの勇気と団結に、涙せずにはいられない。 政治信条の如何に係わらず、テロは絶対に許さない。その決意を新たに、 トルコの皆さんと連帯したいと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相談話に“現在形”無し

一読すると、よく練られた文章であって、上手く出来ている(やたら と読点が入っているのが気になるけれど)。 だが、その実態は、過去の事実の羅列と、未来への空疎な理想 論に終始している。 「そんな事実は今更解説してもらわなくても結構」、「どんなリーダ ーシップを日本が取れると言うのか?」 と、ツッコミどころ満載の 安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウジ王族 大豪遊でドブに金

ちなみに、朝日新聞によると・・・ 『1月に死去したアブドラ前国王は10年間の在位中、一度もこの別荘を 使わなかったが、新国王が南仏のバカンスを復活させたという。』 スゴイ、凄い! 流石はスデイリ・セブン!! 一方で、サウジは未だイエメンへの空爆を続行中。 その最中に、こんな大名旅行をするとは・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お笑いも文学も共倒れ?

せめて2作目を読んでから、にしてほしかった。 もう長いこと、いわゆる 「文学賞」 なるものの値打ちが下がり続けている けれど、これはその最たるものかもしれない。 だって、最近、記憶に残っている作家は「乱歩賞・直木賞」の池井戸潤君 くらい、だよね? ちなみに、池井戸君は私の大学同期生で、同じ文学部卒、同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャ国民投票・・・盗人猛々しい?

これは大変なことになってしまった。 これ以上、ギリシャに資金を注ぎ込んでも 「ドブにカネ」 である事は 明白である。 それでも尚、「ユーロ圏」 という枠組みを維持するために、ギリシャ を支援し続けるのだろうか? まあ、放っておいてもギリシャは自滅するから、それを待つのかな? 遠からずユーロのキャッシュが足り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4兆円でも2兆円でも・・・

流石はサウジの王子様。超~~お金持ち! 王子の祖父はサウジアラビアの初代国王アブドゥルアズィーズ・イブン・ サウード、父は王位継承権を放棄したタラール王子、母はモナ・アッ= スルフ王女(父はレバノンの初代首相リヤード・アッ=スルフ)。第2代国 王サウード・ビン・アブドゥルアズィーズのダラール王女を含め3度の婚 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中東版 『SASUKE』 !?

『SASUKE』 大ファンのサウジの王子。・・・笑えます。 この王子が何者なのか、はっきりとはわからないけれど・・・ 多分、面会したTBSの社長も理解していないに違いない(笑)・・・ 名前から推測するに、初代国王の子スルタン皇太子の子息で 失脚した元駐米大使、バンダル王子の子息と思われる。違うかな? 何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウジアラビア、イエメンに軍事介入

遂に、と言うか、やはり、と言うべきか。 もともとイエメンでは、北部のザイド派(シーア派の一派であるが、「シーア 派の中でもスンニ派に最も近い」とされている)と、それ以外の地域のシャ ーフィー派(スンニ派の一派)が共存していて、宗派間対立があったわけで はない。 サウジはこれまでも、ザイド派(アル・ホーシー派、フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土俵際のネタニヤフ首相?

追い詰められて、とうとう最後のセリフを言ってしまったネタニヤフ首相。 同氏は先日も、アメリカ議会での演説で、アメリカとイランが協議中の核 合意(イランの核開発を制限する見返りに同国に対する経済制裁が緩 和される)に対し、猛烈な非難を浴びせたりして話題をさらったばかり。 アメリカとイランの関係が改善されるとなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短絡的な発想にはうんざりする

この画像を見る限り、やはり日本人はズレているとしか言いようがない。 今回の悲劇的な(敢えて言うなら想定内の)事態を受けて、「日本政府 は法改正によって自衛隊の海外派遣を進めようとしている」→「アメリカ と一緒になって戦争をするのではないか?」という、まるで某国共産党 の片棒を担ぐような理論(かく言う某国は、尖閣の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後世への遺言 『荒れ野の40年』

ワイツゼッカー元ドイツ大統領が亡くなった。 氏の演説、『荒れ野の40年』 を岩波ブックレットで初めて読んだのは、 もう20年以上前のことだ。 その時の衝撃と感動は、今後も決して忘れることはないと思う。 まだお読みでない方は、是非一度手に取って頂きたい。 それにしても、昨夜のニュースで氏の訃報が伝えら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウジアラビア 第三世代への王権移譲が確定

共に皇太子であった二人の兄、スルタンとナイフが相次いで死去したため、 タナボタ的に皇太子となり王位を継承したサルマン新国王。 次の皇太子には異母弟のムクリンを立て、副皇太子には自身の息子では なくナイフの次男ムハンマド(現内務相)を据えた。 スルタン、ナイフ、サルマンは共に先代のファハド国王を父に持つ同母兄弟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラム国 邦人2名殺害予告

とうとう、この日が来てしまった。 これは以前にもイラクやアフガニスタンで起きた、同様の事件とは 全く異なる事態である。かつて問題視された、「自己責任か否か」 と いう議論をはるかに超えている。 フランスの風刺週刊誌が、再度風刺画を掲載したことと無関係でも ないだろう。 「テロに屈しない」 と言いながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス、テロ事件の波紋

フランスでは、7日の風刺誌本社襲撃事件に始まった、一連のテロ事件の 波紋が広がっている。 この風刺誌がどのような内容であるのか、わからないので何とも言えない けれど、言論の自由は当然保障されるべきであるし、内容が気に入らない からといって、何をしてもよいということではない。 その一方で、いわゆる「イスラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挙国一致体制のパキスタン

 16日に発生した学校襲撃事件を受けて、パキスタンは国を挙げて テロ対策に乗り出すことになった。  この学校が、パキスタン軍が運営する学校であったこと。何の罪も 無い子どもを無差別に殺戮したこと。  この事実が軍の逆鱗に触れた。今後、官・軍一致協力で、タリバン の壊滅に動き出す。    タリバンにとって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民圧勝

池上彰さんの選挙速報番組を見ながら・・・。 昨今の政治情勢に、とても不安を感じてしまう。 世界的には両大戦間期の情勢と酷似した状況にあり・・・ 民族自決というタブーを持ち出したら第三次世界大戦も起こり得る し、日本に関していえば、「大政翼賛的」な体制が定着しつつある。 集団的自衛権の問題を、果たして国民はどの程度理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秦郁彦先生、頑張って!

 大学で日本近現代史を学んだ私にとって、秦先生はいつでも偉大 なる先達であり、心の師であります(殆ど信仰に近い!?・・・笑)。  この分野での大権威であり、偏向思想に取り憑かれていない、稀少 なる(唯一の?)「まともな研究者」(こんな表現しか浮かばない自分が 情けない!)で、本当にただただ敬服するしかありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国の民主主義に拍手

 英国が分裂するかもしれない。ほんの数年前まで、そんなことを考えた こともなかった。もちろん、歴史的な経緯はあるにせよ、ナチスを相手に 一致団結、最後まで屈せず戦い抜いた国民である。  しかし、それはどうも、イングランド的な見方であったらしい。  結果を見れば、やはりスコットランドは賢明な判断をしたと言えるだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞 慰安婦誤報問題①

朝日が誰を「第三者委員会」のメンバーに選ぶのか? 先ずはこの分野の大権威、最高峰の歴史学者、秦 郁彦氏が 入るか入らないかで凡その見当がつく。 秦先生の入らない委員会なんて、その時点で意味が無い、と 言っても決して過言ではない。 しかし、全ては委員会の報告を待って・・・というのでは遅すぎる。 国益を損ねた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島で大規模土砂災害

 空撮映像を見るに、山の麓まで住宅が多数連なって建っており、 広島のベッドタウン的な地区と思われます。  市内には多数の河川や運河が流れ、「水の都」としても名高い 広島。豊かな水と共に在る美しい街は、それだけ水害の危険とも 隣り合わせであるのかもしれません。  また、この辺りは花崗岩のもろい地盤であり、短時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナ紛争のターニングポイント

 この犯罪行為の詳細が明らかになるにつれ、露国プーチン大統領の 発言もトーンダウン。  全く無関係の民間機を撃墜してしまったのは、全く許されざる暴挙だ。  犠牲になられた方々に、心からの哀悼の意を表するとともに、国際社 会は断固としてこの蛮行を糾弾しなければならない。  ロシアはこれで、ウクライナ介入か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エジプトの地位、完全失墜?

アメリカとの友好関係ゆえに、中東での指導力を維持してきたエジプト。 昨今の政情不安でエジプト自体の国力が低下するなか、中東でのその 地位は、あらゆる意味において、一気に低下してしまったように見える。 もう誰も、エジプトの言うことを聞かなくなるだろう。 アメリカの中東政策にも不可思議な点が多く、どうも、意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈黙は金 ・・・サッカーW杯敗退に寄せて

「優勝とか言って散々の結果…口だけで終わって残念」 本田の話 「無念の一言。悔しいけど、これが現実。優勝とか言って、こ の散々の結果。もう敗者なので、何を言っても意味がない。口だけで終 わってしまって非常に残念」(共同) 試合後、本田圭佑は以下のようにコメントしている。 今大会、自分たちのサッカーを貫くと言い続けた日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画 『神の一手』

囲碁のアクション映画 !? ってどんな? PVを見たけれど、上半身剥き出しの筋肉美で囲碁を打ってた! ありえねー!!!   でも高永夏なら・・・どう? ぜひ観てみたい。観てみたい。 http://www.sportsseoul.jp/article/read.php?sa_idx=11097 井山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰が誰を挑発?

「対テロ作戦」と称する強制排除に、何となく違和感を持っていたら、こんな ニュースが目に入った。 そこでまた、無い知恵を絞って考えてみると・・・。 ① 帝政ロシア時代の、ユダヤ人迫害。 ② ロシア革命後の、スターリンによるユダヤ人革命指導者の粛清。 ③ ポーランド、ウクライナ周辺における、ユダヤ人虐殺(ポグロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more